痛みを抑えた歯科治療とは

この記事をシェアする

治療の痛みを減らしてくれる歯科治療とは

痛みを軽減させる方法

麻酔をする際、すぐに麻酔をしてしまうと治療そのものに痛みを感じないとはいえ、麻酔注射が痛いからいやだと思うことがありますよね。
その実際の麻酔の前に、麻酔をする表面を麻酔する事で、麻酔注射の痛みを軽減させるという方法があるのです。
2段階で麻酔をすることで、メインの麻酔注射の痛みを軽減できますので、全体として痛みを感じる頻度が低くなります。

また、麻酔をする場合にも一度に麻酔液を注入すると膨張し麻酔が効く前に痛みとして感じてしまう場合があるため、電動でゆっくりと麻酔液を注射するという方法も最近はでてきているようです。

その麻酔の針ひとつとっても、より細い針を使用することで限りなく痛みを減らす努力を歯医者さん側もしてくれているという治療が増えてきているようです。

眠っている間に終わる治療

それでもやっぱり不安だし怖いという方もいらっしゃるかもしれません。
そういった方には、眠っている間に治療が終わるという歯医者さんもあるようです。

眠ったような状態で治療ができる、静脈内鎮静法という方法です。
静脈内に麻酔を注入することで、寝ているような状態にしてくれるものです。
一般的な外科の手術でも使われるような麻酔の方法のひとつです。

この場合、意識がうっすらあるような状態から睡眠と同じ状態まで、麻酔の効き具合を調節することも可能だそうです。

歯の治療時の機械音や治療室の雰囲気でさえも怖いという方には、いっその事眠っている間に治療が出来る全身麻酔での治療をおすすめします。

ただ、持病がある方や妊娠中の方など麻酔が利用できない場合もあるので、治療の際にはしっかりと確認することが大事ですね。


Topへ
戻る▲