痛みを抑えた歯科治療とは

この記事をシェアする

歯の治療にはどんなものがあるのか

歯そのものに対する治療

表面のみの軽度の虫歯の場合は、再エナメル化するのを期待する場合もありますが、その状態から虫歯が進行してしまうと治療が必要な状況になってきます。

エナメル質の内部にある象牙質に虫歯が進行した場合は、削ってかぶせ物をするという一般的には軽めの歯科治療をすることになります。

更に虫歯が進行してしまい、歯髄という神経の部分まで達してしまうと、治療が長引くことになってきます。
また、この歯髄部分が化膿している場合は、一般的にいう所の神経を抜くという歯髄を除去する治療が必要になります。
もっと深い部分まで虫歯が進行してしまった場合は、抜歯などの必要が出てきてしまいます。
そうなると、義歯を製作したりという治療が必要になってきてしまいますので、虫歯は早めの治療が必要なのですね。

歯の周囲の炎症に対する治療

歯の周りの炎症とは、歯肉炎と歯周炎が主な病気です。
歯磨きがしっかりできていない場合に、歯垢が歯ぐきの境目に増えてくることで、歯ぐきが腫れてきたり歯石になってしまい、炎症をおこしやすくなる病気です。

定期的に歯石の除去などをしているだけでも効果があるのですが、ひどくなると歯をささえる骨に影響を及ぼし、歯がぐらぐらしてしまう場合があります。
こちらも治療による改善が見られない場合は、抜歯という結果になってしまう場合もあるので注意が必要です。

現代人にはとても多い病気なようですが、ひどくならないとわからない場合もあるので、歯医者さんで行っている、歯の定期的な検診や歯石除去などのケアをしっかりすることが必要になってきます。


Topへ
戻る▲