痛みを抑えた歯科治療とは

この記事をシェアする

無痛の歯科治療なら歯医者さんもこわくない

歯や歯の周りが原因の痛み

歯科診療に関しては、ほとんどがこの歯そのものの痛みが原因です。
歯の部分で痛みを感じるのは、エナメル質の下にある象牙質の部分になり、ここの象牙細管という部分から歯の神経が刺激されることで痛みを感じるそうです。
こちらの虫歯の場合は、物を噛んだりした時に一過性の痛みを感じることが多く、実際は我慢できなくもない痛みと言えそうです。

これよりも深い歯髄部分まで虫歯が進行すると、我慢できないほどの痛みを感じることがでてきてしまいます。
このような状態になると、ほとんどの方が痛みを我慢できずに歯医者さんを受診されるのではないでしょうか。

ほかにも歯の周りの炎症などでも、歯の痛みと感じることがあります。
俗に言う歯周炎や歯肉炎と呼ばれるものです。

歯以外の部分が原因の痛み

歯科治療でもなかなか解決できないといった場合、頭や首の筋が原因として痛みが起こる場合があるそうです。
首などの深い部分での痛みは、歯の痛みとして感じとる場合があり、歯医者さんを受診することがあるようです。
この場合はリハビリのような筋そのものへのアプローチが必要となるため、なかなか発見しにくい場合が多いのです。

他にも、神経障害性の歯痛や片頭痛により歯痛が起きる場合があります。
片頭痛による歯痛は一過性のことが多く、奥歯などに感じられることが多くあります。
体に不調があると、歯が痛くなるという方もよく聞かれる話です。

歯に近い部分が痛む場合でも、歯痛と感じる場合も多くある為、明らかな原因がわからない場合は顔や口などの痛み外来などを受診してみるとよいでしょう。


Topへ
戻る▲